なつぞら感想第94話「強いこだわりがいいものを生む」

作画作業に励むスタッフたち。強いこだわりを見せる坂場に麻子は機嫌を損ねましたね。他のみんなも、同調する中、それに対し「なつ」は、冷静に考えるとなるほどと思う、こともあると庇うところは、少し可愛いですね。

しかし、自分が書いた木の怪物の動きに対して、こだわりを示された形の「なつ」は、麻子と同じように怒るあたりも「なつ」らしく可愛いですね。

 

それにしても、木に樹齢を考えさせる等、坂場のこだわりは凄すぎて、それすらも可愛いですね!陽平の元を訪ねて坂場の事をすこし愚痴る「なつ」は、坂場と天陽のつながりを知り少し嬉しそうでしたね。

場面は変わって風車では亜矢美と夕見子が、高山の話で盛り上がっていて、「お互いに好きになったからにはお互いに強くならなければ不公平になるだけ!」と夕見子らしい名言飛び出したけど、夕見子はこのまま強い夕見子でいつづけられるのか、気になるところです。

 

それから、母、富士子は亜矢美に礼の電話を入れたところですが、ここからは話の筋と少し離れて…、松嶋菜々子と山口智子、往年の2代トレンディ女優の、画面を半分に割っての競演は最高ですね!

 

年代によってはたまらないシーンですね!別の意味で見ごたえがありました!失礼しました…。十勝では夕見子の説得について、父、母、そしてじいちゃんの3人で作戦を練るのですが、まさかまさかのじいちゃんの登場となりそうで!吉と出るか凶とでるか?どうなるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です