なつぞら143話「吹き込まれた魂」感想

なつぞら143話は、なつが優と保育園からマコプロダクションに戻ってくるところから始まります。優は手の空いている大人に相手してもらって、紙に描いて切り抜いたソラの着せ替え人形で遊んでいました。

全員が遅くまで作業するため、麻子はみんなの晩御飯にナポリタンを振る舞って、忙しいながらも楽しげな雰囲気です。一久の希望で声優はオーディションで決めることになりました。

 

声優プロダクションを経営している咲太郎は、ひとりの声優をそのオーディションに応募させました。一久もなつも麻子もその声を聴いて、すぐにこの人しかないと思ったようです。

その女性は咲太郎の事務所所属ではありませんでしたが、自分の事務所以外の人でもより適切な人を紹介してくのも信用につながる大事な仕事だと、光子が話していました。

 

アニメの放送日もどんどん迫り、なつたちは忙しく作業をしますが、いかに面白く動きを表現するかということには手を抜く気が無いようで、お互いに競い合いながら動きを作っていっていました。

なつも東洋動画時代の経験を活用して、みんなにアドバイスをしています。作業はどんどん忙しくなっていき、食事をしながら仕事を進めるほどでした。

 

なつも優を迎えに行き職場に戻り、さらに家に帰っても作業を続け、一久たちも連日泊まり込みながら仕事を進めていきます。アニメの主題歌は元ムーランルージュの歌い手・カスミに依頼し、カスミも喜んでその仕事を受けていました。

 

アニメがどんどん形になっていき、いよいよ放送日なりました。それぞれの家族がテレビの前に集まり、ワクワクしながらテレビの画面を見つめます。

なつも家族とニコニコしながらそのアニメを見ているところで今回のお話はおしまいです。なつぞら144話の感想につづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です