なつぞら106話「一久の求めるアニメーター」感想

なつぞら106話は、なつが仲から受け取った封筒の中身を取りだしているとこから始まります。封筒の中には仲が描いたキアラの絵が入っており、なつは息を飲むようにその絵に見入っていました。

他のキャラクターが決まって行き、一久はなつにキアラの案を促しますが、なつは「描けない」と素直に報告します。

 

仲の描いたキアラの絵を見たことで、これ以上のものは描けないと考えたようで、なつは仲の絵をそのまま一久に手渡します。一久も航也も一目見てその絵に引き込まれた様子でした。

 

仲が唯一、一久の事を理解しキアラの魂を描くことが出来た人で、一久の求めている「自分を越えたいと思っているアニメーター」であることを、なつは一久に伝えます。

 

そこへ、仲がオフィスに入ってくると、一久は駆け寄り、「仲さんの力を貸してください」と頭を下げました。一久の態度が一変して驚いている仲に、なつは受け取ったキアラの絵をそのまま一久に渡したことを説明しました。

一久を始めスタッフ全員で頭を下げ、仲が映画チームに加わることになりました。主人公のキャラクターが決まり、ようやく全体が動き出しみんなが活き活きと作業に取り掛かります。

 

仕事帰りに、一久はなつに仲さんの事についてお礼を言いうと、なつは自分は何もしていないと笑って答えていました。一久と話すなつは、一久のお姉さんのように見えてしまいます。

亜矢美のお店に一久も顔を出し、なつの兄を探そうとして、なつとコソコソと話していると、亜矢美はすぐになつと一久が結婚すると察したようです。

 

急いで兄・咲太郎に電話をかけようとするのを、なつが慌てて止めて「映画が完成してから兄に報告する」と話しました。それまで黙っていると約束をしましたが、亜矢美は黙っている自信がないと浮かれていました。

カウンターで3人並んでお酒を飲みながら、一久の家族にも挨拶に行かなければという話しになり、なつは自分が戦災孤児だった過去を気にしている様子でした。

 

一久は気にすることはないと笑顔で答えていましたが、一久の両親は大学教授や元教師、兄弟には医師や弁護士までいると説明され、なつはさらに不安に陥っていました。

結局、映画の制作はスケジュールが遅れ、完成したのは翌年の夏でした。映画はヒットせずに終わってしまい、なつが映画館で映画を観ていない観客を横目で見ながら肩を落とすところで今回のお話はおしまいです。なつぞら107話の感想につづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です