なつぞら111話「十勝を思う気持ち」感想

なつぞら111話は、「午前中に工場設置届けを出すには11時までにここを出なければなりません」と剛男が田辺に説明しているところから始まります。

そこへなつと一久が現れ、田辺と挨拶しました。田辺はなつの手を握り、お祝いの言葉を伝えた後、農協の一大事になつがここにいてくれることは、「きっと天の恵だ」となつの何かに期待しているような口ぶりでした。

 

田辺は一久に、なつがいてくれたおかげで、農協が農家から牛乳を集めて牛乳を売る、共同販売を実現することができたと話し、なつたちが演劇で共同販売に反対していた泰樹を説得したと夕見子が説明しました。

そして、今回はバター作り。「それが今日実現するか潰されるか決まるんだ」と夕見子が神妙に言うと、一久が立ち上がって「実現させましょう」と盛り上がっていました。

 

続々と十勝の酪農関係者が農協に集まり、なつは顔見知りの人と挨拶して、お祝いもされていましたが、今日はそれどころではないとみんなで会議室に向います。

会議室には十勝の各酪農組合長が席に座り、酪農関係者も押しかけて人でいっぱいになっていました。さっそく、剛男が満場一致でなければ工場設置の届けを出せないことを説明します。

 

すぐに賛成と反対で手をあげてもらいますが、反対に手をあげる組合長が居ました。理由を聞くと「失敗したらどうするんだ」と酪農家たちもこれ以上苦境に立たされたらと不安がっていることを訴えました。

すると、夕見子はこの工場は、その酪農家たちを安心させるために作る工場だと説明します。田辺も乳業が栄え、酪農が滅んでいくのを防ぐためには自分たちでやるしかないのだと説得しますが、話し合いは喧嘩腰のようになってきてしまいました。

 

そこへ、菊介が突然口をはさみます。他よりも美味しいバターを作れる工場を作ることになぜそんなに迷うのかと問い、ここにいるのは開拓者の二世か三世で自分たちにもまだ開拓できることはあるはずだと菊介は自分の考え方を話していました。

そして、「俺らの絞った牛乳が人に感動を与えることができるのであれば、こったらうれしいことねえべさ」と笑みがこぼれました。

 

菊介の話に心動かされたのか、酪農関係者が「工場作れ」コールをし、場が湧きたちます。剛男がもう一度採決を取ると、反対していた組合長も遅れて手をあげ、満場一致で賛成にこぎつけました。

さらに、反対していた組合長は役所への届け出は組合会長全員で行こうと提案し、酪農関係者も一緒に行こうということになりました。役所には夕見子が呼んだ新聞やテレビの記者が待ち構えていました。

 

田辺たちは十勝支庁長と対面し、一緒に入ってきた取材陣を気にしている様子です。結局、十勝や北海道を思う気持ちは田辺たちであれ、支庁長であれ同じ気持ちだったようで、最後は支庁長からも「頑張ってください」という言葉をもらえ、工場設置届を受け取ってもらえました。

支庁長と握手をした瞬間、田辺が片膝をついて倒れそうになってしまいました。大丈夫だというようにうなずいて、田辺が体勢を整えると、周囲にいるみんなが拍手をしているところで今回のお話はおしまいです。なつぞら112話の感想につづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です